ジャガーノート

本や音楽の話を書いていこうと思います。

コーンフレークのナチョス

ナチョスはおいしい。

ニセコJoJo'sっていうレストランではじめて食べて、あまりのおいしさにもう1個頼んでテイクアウトしたぐらい好き。

 

f:id:classic108fuzz:20161123223832j:image

これがJoJo's。中でボルダリングもできる。名前に反して波紋もスタンドも関係ないので、能力者じゃなくても安心。

 

f:id:classic108fuzz:20161123223724j:image

そしてこれがJoJo'sのナチョスだ!うまいし、盛りが欧米感覚で、かなり多め。つまみっていうか主食張れるレベル。そこにシビれる!あこがれるゥ!(以降ジョジョネタ自粛します)

 

でね、当然おうちでも食べられたらなーって思うわけです。

ところが、まずあのトルティーヤチップスが売ってない。輸入食材が充実してるところだったら簡単に手に入るのかも知れないけどさ。地元では見当たらない。

そしてナチョスを作ろうとした人のおそらくほとんどが試したであろう、ドンタコスをチョイス。

……まあムリだよね。しょっぱ過ぎるよね。あいつらそもそもがしょっぱ過ぎなんだよ。塩分過多で殺す気かよ。もしかして数の子みたいに塩抜きしてから食べるやつなの? あ、でも適量の水を張った小鍋に、ドンタコスと野菜突っ込んで茹でたらうまいかも。今度やってみよう。

 

さて、じゃあ何を使ってトルティーヤチップスを作るかというと、コーンフレークです。材料は同じトウモロコシのはずだから、素質は充分。

 

以下、材料・作り方など。

 

材料

・コーンフレーク  食べたいだけ

・パスタソース(ボロネーゼ)  1人前

・とろけるチーズ  食べたいだけ

・香辛料  適量

 

作り方

f:id:classic108fuzz:20161123231426j:image

1.耐熱皿にコーンフレークを入れる。

2.パスタソースをかける。

3.チーズを乗せる。

4.温める。

5.完成!

 

f:id:classic108fuzz:20161123232048j:image

 

はしょり過ぎだろうか。

実際はラザニアみたいに、コーンフレーク、ソース、チーズが交互に折り重なるように盛り付けていったんだけど、完成したらまるで意味を見出せなかったので。とにかくコーンフレーク、ソース、チーズ、が温まっていればいいので、順序はどうでもいい。ていうか今JoJo'sの写真見たらチーズの上にソースかかってるじゃん。うちで作ったやつと逆じゃん。

温めたパスタソースにコーンフレークを混ぜ込んでからチーズ乗せてトースターで焼いてもいいし、ホットプレートで作ってもいいだろうし、なんなら電子レンジでもいい。とにかく上記の材料が温かいこと。それに尽きる。スパイスはクミンとかバジルとかタバスコとかでいいんじゃないでしょうか。お好きなものをどうぞ。

ソース変えたらいろんな味が楽しめるし、スパイスの加減でなんか料理やってるかのような錯覚も味わえるし。これを覚えたばっかりに堕落しないように気をつけたいところです。

 

「晩ご飯、時間ないからパスタでいいかな?」が「時間ないからナチョスでいいかな?」に変わりかねない、とんでもなく革命的にラクなメニューを発見してしまったので、一人でも多く巻添えにしようと思い、公開する次第です。

 

ほんとはコーンフレークを水でふやかして再成形してもいいだろうし、そもそもソースを自分で作ってもいいし、トッピングもブラックオリーブとかチリとか、いろいろ工夫できるので興奮してる。

コーンフレークに牛乳をかけるだけの時代は終わった。カレーでもなんでもぶっかけようぜ!

 

お酒のお供にもおすすめ!