ジャガーノート

本や音楽の話を書いていこうと思います。

大森靖子と仮面ライダー 2

『ワンダフルワールドエンド』
監督:松居大悟
出演 :橋本愛蒼波純稲葉友
曲:大森靖子

 

ワンダフルワールドエンド [DVD]

ワンダフルワールドエンド [DVD]

 

続きです。↓前回記事。

大森靖子と仮面ライダー - ジャガーノート

 

「絶対少女ムービー」とも銘打たれたこの作品。

 

 橋本愛さんが演じる主人公、詩織はなかなか芽の出ないアイドルだ。ファンを増やそうと、地道にツイキャス配信を重ねる。

橋本愛さんがかわいすぎて「売れないアイドル」という設定に無理があるのではないか、という指摘をいくつか目にしたのだが、現実はわりとそんなもんなんじゃないだろうか。かわいいだけで売れるんなら、橋本愛さんはあの演技力を備える必要はないだろうし。

 

詩織の恋人、航平を演じるのが稲葉友さん。劇団を主宰する若者の役だ。 ちょいスカした感じや、軽い上から目線に仮面ライダーマッハと似た空気を感じる。

 

いかにも演劇出身の松井監督らしい、劇団の日常会話を切り取ったような脚本も秀逸です。

 

 「あ…今日どれくらいだったんですか?」

「えーと、有料だと32枚です」

「うわぁ、きっつ!」

 

これとか、もうあるある過ぎてツラいよ。

そして橋本さんがすげえリアルな芝居するのな。たまにドキュメント観てんのかと錯覚するほどです。

そのせいか、観ていて終始そわそわする感じの映画だった。

 

 

多くの人に作品を伝えたい、というのはアーティストにとって共通の願いだ。

 

それは監督の松井大悟さんにとっても同じだろう。

インタビューでも語られているが、この作品自体、そもそもMVと同時に企画されていた映画なのだが、あたかもMVが映画に発展していくかのような見せ方が採られているのだ。

また松井監督自ら、ホテルで映画祭関係者のチェックアウトを見計らって、作品を収めたDVDを手渡した、というエピソードもある。

どちらも作品を広めるための戦略である。

 

大森靖子さんは松井監督に「昔は『ちょっと病んでしまっている』キャラを演じてただけ」だと明かしたらしい。そのキャラクターはプロモーションの一環であって、素の自分ではないし、表現したい本質でもなかった。

 

   理想と現状の差を埋めるために、何をすればいいのだろう。

 詩織がツイキャス配信を繰り返すのも、松井監督が映画祭関係者にDVDを渡したのも、大森さんがかつて病的なキャラを演じてみせたのも、動機は同じだ。黙って作品を提示して、評価を得られるほど世界は甘くないことは分かっている。

 

だが実は詩織はそもそも自分がどうなりたいのかすら分からず、あがいている。

 この映画を観ていると、詩織と同じようにあがいていた過去の記憶が呼び起こされ、恥ずかしいような、毒づきたくなるような、夜の散歩に出掛けたくなるような気持ちになる。

そわそわの正体は、これなのかも知れない。

 

 挿入歌の『愛してる.com』に、

 

「君のオススメに面白いものはひとつもなかった」

「君の落書きに斬新なものはひとつもなかった」

 

という歌詞が出てくる。

「斬新なもの」に「面白いもの」と並ぶ価値が与えられているのである。

 

その価値観は大森さん自身のものでもあるし、この映画にも反映されている。

ただ、斬新さにはどこか作為的な、あざとさのようなものが付きまとう。その作為の後ろめたさが、蒼波純さん演じる亜弓の持つ、純粋性への憧れに繋がるのだろう。亜弓は詩織のあがきを対岸から照らし出すために配置されているのだ。

 

だから、単純に百合とかそういうんじゃないと思うよ。これは。

 

 

 

 

お目当ての稲葉友さんに話を戻す。

劇中の「ふっざけんな!」っていう怒声が完全に仮面ライダーマッハのそれだったんだけど、女子に怒鳴ってたせいで情けなさもひとしお。無敵のヒーローがダメな若者になったり、女装したり(←『レンタル救世主』な)。

演じる役が幅広いので、観ていて楽しい。

 

今後の活躍も楽しみにしています!

 

え?次は根暗メガネ??

いいじゃん……。

 

 

 

ところで、こないだVシネマ版の『仮面ライダーチェイサー』を観たんだけど。

 

あの、Vシネって、こどもの頃はさ、なんかエロいもんだと思ってたの。いや、むしろエロビ(死語)のことをVシネマって言ってるんだと思ってたの。でも大人になって、Vシネマってそういうもんじゃねえ!って知って、赤面しつつ反省したよ。なんでもエロに結びつけるのはよくなくない?

 

で も さ 、

 

仮面ライダーチェイサー』って、微エロじゃね?まさか他のVシネライダー作品もこんなんなの????

いや待て、初心(ウブ)を気取ったって仕方ねえよ!それはわかってるよ!

でもさ……

事実、

半裸シーン、多いよね。

 

チェイスしかり、エンジェルしかり。

そしてみんなのメディックまで。。

 

 

地上波でも劇場版でもできないことをやれるのがVシネの強みなのかも知れないけどさー。微エロとか微グロ(多めの出血をやや懸念しました)とかじゃなくね?求められてんのはさー。

これ、マジでこどもに観れせる?もとい観せられる??

 

 

……ちょっと今からもう1回査定するわ。